<レース計測業務>
  スポーツ競技でなくては、ならない、計測業務
  
いま、計時を自動計測をお考えになっている主催者の皆様!!
  
計測は高価というのは昔のこと!  今は、安価でできますよ!!!!
  当社は、レース計測業務も請負います。
  これまでに自転車レースはもちろん、マラソン、トライアスロン、バイクレース、など様々な計測を行っています。
  料金は計測ポイントや参加人数などによって変動がありますので、計測に興味がおありの方は、
  お気軽にお問い合わせください。
  規模に沿った計測の仕方をご提案します。

  マラソン大会からモータースポーツまでの計時業務から集計業務のデータ管理まで
  トータルに安価にて計測業務を
、お受けいたします。  

  
主な計測ができる競技
   
   自転車レース 自動計測システム
     ロードレース・トラックレース・ステージレース、マウンテンバイクレース、それぞれの計測システムがあります。
     ロードレース(耐久)、マウンテンバイクレース(耐久)、に関してはモニターにリアルタイムにリザルトを表示する
     こともできます。
     ランニングバイクの計測も出来ます。

   マラソン・駅伝・トライアスロン 自動計測システム
     マラソン・駅伝に対応した計測システムです。
     各区ごとの記録の集計や、5km地点、中間地点、 20km地点など各地点での計測タイムをデータとして
     出力することもできます

   モトクロス自動計測システム
     オフロードバイクのレースに対応した計測システムです。
     ポイント計算・2ヒート合算のポイントリザルト出力をサポートします。
     別にエンデューロレースにも対応した計測システムもあります。

   バイクジムカーナ自動計測システム
     オンロードバイクのジムカーナに対応した光電管を使った計測システムです。
     ポイント計算・2ヒート合算のポイントリザルト出力をサポートします。
     別に耐久レースにも対応した計測システムもあります。

   上記に出ていない競技については、お問い合わせください。

  
計測は、2種類あります。
   計測は、ネットとグロスの2種類があります。
     ネット計測とは
      ワンウェイのコースで計測機器を2台を使用して1つは、スタートラインにもう1つは、ゴールラインに設置して
      計測するもので、これは、チップを付けた選手の人数が多くてもスタートからゴールまでの正確なタイムを取る
      計測の仕方です。東京マラソンのように多くの選手がいる場合は、スタートしてからスタートラインを通過する
      までに時間が掛かりますので、同じスタート時間で計測をすると最初の選手と最後選手では、時間が変わり
      ますのでロス時間になるということです。

     グロス計測とは
      周回コース等の、周回チェックポイントに計測機器を1台設置しての、周回計測でスタート時刻で計測します。
       したがって、耐久レースなどに最適な計測です。
      また、スタートラインに横一列に並び選手全員が公平であることです。
    
  
料 金 (主催者の方が一番気になる価格です。)
     料金は、計測の仕方や参加者の人数によって変わるものですが、
     
基本料金が¥50000と参加者1名¥500と考えてください。
     
ただし、人件費・交通費・宿泊費は、別途になります。
     
また、レースの種類によっては、ゲートやそのほかの機材が追加に
     なる場合もあります。
     
例1:200名のオフロードバイクエンデューロの場合(100`圏内)
     
基本料金¥50000+計測料金¥100000+計測ゲート¥30000+諸費用¥54000=¥234000に
     交通費実費が入ります。

     
例2:50名での自転車販売店様のレースの場合(100`圏内)
     基本料金¥50000+計測料金¥25000+諸費用¥54000=¥129000交通費実費が入ります。

     
消費税は、別途です。
    大会の規模や内容等ご相談ください。最適な計測をご提案いたします。
    詳しくは、info@mc-pro.co.jp または、TEL049−210−4674 計測担当まで